レイキ/霊気/コラム

宇宙エネルギーと共鳴している状態とは

投稿日:

この写真はステージ4だったがん疾患の方に数年間「レイキ療法」を行い、寛解された時期にスマホのカメラで撮ったものです。施術者の顔の周りが光で発光しているのが分かります。右側にクライエントが立っていますので、長く施術をしている関係性から自然とレイキエネルギーと共鳴をしている状態です。

様々な研究によって、人体がバイオフォトンと呼ばれる生体光子を放射していることは、一部の科学界では新たな常識となりつつあります。
このバイオフォトンとよばれる光のエネルギーですが、人の肉眼で感知することができるエネルギーよりも1000倍程度弱いことから、超微弱光子とも呼ばれています。めったに写真に写ることはありませんがめずらしくレイキエネルギーと共鳴しているバイオフォトンの状態が撮れました。

レイキの施術者は宇宙エネルギーと一体となりエネルギーの媒体となってクライエントにレイキを流しています。

レイキ療法を長年極めていると誰でも「光と一体となる」ことが可能であり、クライエントが必要とするエネルギーを必要なだけ送りまた周波数の変化や免疫力を高めていくのだと思います。

師範やレイキティチャーは1日ではなれません。レイキのエネルギー波動が分からず、アチューメントという方法だけ学んでもその周波数と共鳴することはできません。

あなたが本当の宇宙エネルギーを理解して活用できるようになるためには遠回りかもしれませんが、熟練のレイキ施術者であり、レイキ波動がしっかり体感できている指導者の元で学び直しをしてみるのも良いのではないでしょうか。どなたでも初級講習からレイキ波動をしっかり繋げていきます。これが「レイキ」だとわかるまで一緒に寄り添いあなたのレイキ技能を引き出していきます。一緒に学んでいきましょう。

-レイキ/霊気/コラム

Copyright© Energy Charging リヒト , 2022 AllRights Reserved.