レイキ/霊気/コラム

<緊急 告知> ワクチン接種後の症状(副反応・心筋炎・心膜炎など)にエネルギー療法の活用について

投稿日:

副反応、健康被害、後遺症のについて

主な症状

副反応 ワクチン接種後に現れる注射した部分の痛み、発熱、倦怠感、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢等の症状。接種の翌日をピークに発現することが多く、数日以内に回復。
健康被害 ワクチン接種後に起こる極めて稀な、脳炎や神経障害などの重い症状等。
後遺症 感染時の症状の有無に関わらず、感染から回復した後にも現れる強い倦怠感、味覚・嗅覚障害、せき・たん、呼吸困難、発熱、抜け毛等の症状。

現在、日本で接種が進められている新型コロナワクチンでは、接種後に注射した部分の痛み、疲労、倦怠感、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢、発熱等がみられることがあります。

現在、新型コロナワクチン接種後の後遺症でお悩みの方が激増しています。

後遺症が発症する原因(物質)は全く不明で、当然ながらその治療法も確立されていません。

これらの症状が長引く場合は、免疫力の回復がとても重要です。

医療の知識がある熟練のレイキ技能士が遠隔療法を行います。

まずは、以下からお問い合わせください。

お問い合わせ

-レイキ/霊気/コラム

Copyright© Energy Charging リヒト , 2023 AllRights Reserved.